「除菌・消臭液は危険」とのメディア記事につきまして


3月2日・Webメディア「ビジネス・ジャーナル」様に、「除菌・消臭スプレーは危険!動物実験では高死亡率、赤ちゃんの衣類・布団には使用厳禁!」という扇情的な見出しの記事が掲載されております。

http://biz-journal.jp/2016/03/post_14053.html

ここで取り上げられている「除菌・消臭スプレー」とは、原材料に「トウモロコシ由来消臭成分」「水溶性凝集成分」などが含まれるTVCMなどで大規模な宣伝が打たれております、大手製品2種であると思われます。

しかしながら同様に除菌・消臭をうたっております弊社製品「アミスティー®衛生水」とは、まったく成分も原理も性能も異なるものです。

アミスティー®衛生水の原材料は、純水と次亜塩素酸のみの成分でpH6.5の弱酸性で、とても安全です。

この記事の除菌消臭剤のような「トウモロコシ由来消臭成分」「水溶性凝集成分」などは、全く含まれておりません。

弊社製品「アミスティー®衛生水」は、噴霧後、約数分で反応が終了し、主成分次亜塩素酸はほぼなくなり、「水分」が残りますが、それも蒸発してほとんど残留物はありません。

「アミスティー®衛生水」は、販売開始から9年たちますが、その間に多くの老人施設様、保育園様、幼稚園様、病院様、ホテル様などのプロの現場でご使用いただき、一度も健康被害などございません。

弊社サイト内に、安全性についての第三者機関による試験結果をご用意しております。ご確認いただければ幸いです。

従って、赤ちゃん・ご高齢の方などがいらっしゃるデリケートな現場でも、安心してお使いいただけます。※

・第三者検査機関で、徹底的な製品の安全性を追求しています

http://amisty.jp/amisty-menu/amisty-5/

※ごくまれに「塩素アレルギー」の方がいらっしゃいます。その場合はご使用に注意を要します。すべての方への安全性を保証するものではございません。