【韓国における「加湿器殺菌剤で221人死傷」のニュースに関しまして】


【韓国における「加湿器殺菌剤で221人死傷」のニュースに関しまして】

アミスティー®衛生水 安全性について

先日より報道されております、韓国における加湿器に入れる殺菌剤による死亡事故につきまして、弊社による調査と見解をお伝えいたします。
成分の詳細に関する報道がございませんので、不安に思われるお客さまもいらっしゃいます。

問題の液剤につきましては、韓国では数社から色々な銘柄で販売されていたようです。
商品名「オキシーサクサク」や「セピュ」などのブランドで、80%ほどを占めるようです。

その成分は、 ポリヘキサメチレングアニジン(PHMG)と塩化エトキシエチルグアニジン(PGH)です。
参考資料:厚生労働省サイトより「韓国の加湿器用除菌剤の回収についての情報提供」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z31f-att/2r9852000001z44g.pdf

一方、弊社のアミスティー®衛生水は、成分が次亜塩素酸(HOCl、OCl-)が0.005% 純水99.995% だけです。
まったく異なる成分ですので、安心してご使用ください。

除菌成分である次亜塩素酸は、日本のどの地域の水道水にも添加されています。
日本では、水道水は、飲料水として長年使用されていますが、今まで水道水で健康被害など報告はございません。
それほど安全なものです。

アミスティー®衛生水は、噴霧ミスト(霧)の肺への吸引毒試験を第三者検査機関により実施し、安全性を検証済みです。
発売以来9年以上経過しておりますが、老人施設、病院、保育園、幼稚園、ホテル、飲食店、温浴施設など多くの施設に導入いただき、超音波霧化器などで空間噴霧し、除菌消臭も行っていますが、今まで一切の健康被害などございません。

アミスティー®衛生水は、その他にも眼刺激性試験、経口投与毒性試験、発がん性に関わる試験など、安全性試験を第三者検査機関により実施、安全性が検証されています。

安全安心なアミスティー®衛生水を、今後ともよろしくお願いいたします。

※アミスティー®衛生水の、各種安全性試験につきましてはこちらの>>リンクをどうぞ