冷凍メンチカツによるO-157食中毒につきまして


★冷凍メンチカツによるO-157食中毒につきまして

冷凍メンチカツによるO-157食中毒につきまして

11月に入ってすぐ、O-157による食中毒事件が取り上げられました。

・冷凍メンチ、なぜ熱してもO-157が? 日テレニュース24より

http://www.news24.jp/articles/2016/11/01/07345296.html

・冷凍メンチからO-157 腹痛など17人 Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161101-00000015-nnn-soci

話題になった理由は「熱に弱いはずのO-157が、なぜ揚げ物で?」というポイントです。

これは、消費者が油で揚げるときに加熱不足で、中心部の加熱が足りずO-157が少量生き残ってしまって、食中毒発生になってしまったようです。

O-157、カンピロバクター、ノロウイルスの怖いのは、100個以下の少量でも食中毒になることです。

そもそも、メンチカツの合びき肉の処理時に、O157に汚染され、そのままの商品になったのが原因と推測されます。

食品工場側にはより厳密な対策が求められますし、消費者は、たとえ加工済みに見える冷凍食品といえど、必ず良く加熱調理し、思わぬ食中毒から身を守る手段としてください。

本年は11月に入り急速に寒くなり、ノロウイルスの報告も急増しています。

O-157、カンピロバクター、ノロウイルス対策に、業務仕様のジアミスティー®をお役立てください。