【6月6日】ノロウイルス・食中毒菌が猛威をふるっています


これから梅雨になり、本来、細菌性食中毒(カンピロバクター、O157など)が増えてくる季節ですが、今年はまだ、ノロウイルスが商業施設でも猛威をふるっています。

★千葉・浦安のホテルで集団食中毒、ノロウイルス検出
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3069730.html

★横浜中華街で食中毒 修学旅行生ら62人
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170602-00000036-fnn-soci
中華街では大腸菌が原因のようです。

【商業施設・食の安全に関わる責任者の皆様】
従来の細菌性食中毒対策では、ウイルス性食中毒は完全には防げません。
ジアミスティー®と、少しの衛生マニュアル変更で、ウイルス性食中毒対策を行いませんか。

弊社では、ジアミスティー®を使った、ウイルス性食中毒対策のご提案をいたしております。
ぜひお気軽に、弊社までお問い合わせください。