ジアミスティー®️

ジアミスティー(R)と従来の次亜塩素酸ナトリウム希釈水の違い

「ジアミスティー(R)と従来の次亜塩素酸ナトリウム希釈水の違いはなに?」、当社製品ついてよくご質問をいただきます。
ジアミスティー(R)の良さと効果の高さについてぜひ知っていただけるよう、紹介いたします。

ジアミスティー(R)と従来次亜塩素酸ナトリウム希釈水の比較一覧


ジアミスティー(R)は人も環境にも安全にご使用いただけて、高い効果によって安心して殺菌ができます。
「もっと簡単に食中毒対策を行える」、「HCCAPレベルの管理ができる」それを実現できるように開発したのが当社製品のジアミスティー(R)です。

ジアミスティー(R)を詳しく知る①希釈について


ジアミスティー(R)は、独自希釈製法により「次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)と純水のみで中性領域を実現した食品添加物殺菌料」です。

従来の次亜塩素酸ナトリウム液は、塩素系漂白剤等を希釈して作ります。
しかし、単純に水道水で希釈した場合は、アルカリ性となります。
また、時間が経つと効果(濃度)が減っていきます。
取扱にも注意が必要であり、希釈の濃度を間違えやすいため作業事故につながる場合もあります。

ジアミスティー(R)は希釈の必要もなく安定した濃度でご使用いただけるのが強みの1つです。

ジアミスティー(R)を詳しく知る②長期保存性について


当社製品「ジアミスティー®️」は、長期保存性があり、賞味期限(6ヶ月間)まで安心してお使いいただけます。
管理の簡便なジアミスティー(R)は作業の効率がアップします。
しかし、単純に水道水で希釈した従来の次亜塩素酸ナトリウム液は、すぐに濃度が減ってしまうため作り置きすることを推奨しません。

ジアミスティー(R)を詳しく知る③作業効率アップ

ジアミスティー®️は、作業者を問わずに簡単に殺菌作業を行える製品です。そのため、作業効率をアップさせ、生産性を向上することが可能です。
従来の次亜塩素酸ナトリウム水溶液を作るのに2つ課題があります。
①作業者が正しく希釈し、濃度が問題ないか。
②希釈したものは時間が経つと効果が減っていくため、その都度使い切ること。

ジアミスティー®️は希釈の必要性がなく、スプレーボトルに移し替えても濃度が安定します。
手間のかかる準備をせず簡単に安全にお使いいただける。それがジアミスティー®️です。

TOP